Topページに戻る
 

 

 

 

 

 

 

 

@-科学A-生命B-進化論C-全身と咬合D-骨格と咬合E-歯列と咬合
F-犬歯誘導・G-後方離開・H-中間運動・I-垂直化・J-臼歯の咬頭
K-咬合調整L-審美修復M-形成N-圧排と印象O-歯冠外形P-オーバーロードQ-インプラント

 
| 圧排と印象
|01:Biological Width|
Biological Width の原則は全周の一部に適応する。2本の隣在歯の軸面に支えられた歯間乳頭部の先端は約2mm.のサルカスを持つ。欠損側のサルカスは極めて浅いことがある。即ち、修復の辺縁をどこに設定するかは同一の歯牙でも異なることが多い。辺縁によっては、圧排の方法を変える必要がある。
|02:圧排法の分類|
歯周組織、特に歯肉の状態により、形成の手順、圧排の方法は変えなければならない。二重圧排は確実なだけにより忠実に分類に従うことが大切。審美性の必要な歯肉は、通常スキャロプが強く、薄めであリ、テクニックの僅かなミスが取り返しのつかない問題となる。
|03:印象のポイント|
現在のシリコン印象材の親水性は極めて高く、表面活性剤も生体への影響はほぼゼロだろう。変形は臨床的に殆ど問題とはならないレベルに改善され、縁端強度も飛躍的に向上した。石膏注入時のヌレも良好。技工作業にとって最も優先されるのがマージンのラインアングル、次が僅かな歯根形態の印象が出ていること。
|04:基本原則の重要性|

形成から修復物の装着までの一連の流れはルールを知ることと、術者の技術の繊細さに従う。 特別な器具や材料に左右されるのではなく、歯肉の薄さ、スキャロプのカーヴ、乳頭の形状、隣在歯の状態などの確実な分類に精通することがポイント。

|05:多数歯の印象|
同時に多数歯の印象採得は困難であり、通常は各歯毎と全顎の印象に分ける方が確実。ピックアップ模型での鑞着が不可能なジルコニアの場合、数歯の支台歯を1回で印象を成功させる必要がある。支台歯の形成限界同士が近接する時は、そこの乳頭がオメガループになりやすい
 

Copyright(c) NAITO DENTAL OFFICE All Rights Reserved.  
 
トップページに戻る